冊子『P2P』を刊行します。

このたび極セ研では、2024年3月31日にこれまでの活動の成果をまとめた冊子『P2P』を刊行いたしますので、お知らせします。

P2P(ピーツーピー) 第〇号

A5判 136頁 初版200部
価格:2,000円(税抜)

販売ページ:https://booth.pm/ja/items/5616657 

※初版は完売となりました。現在増刷を検討しております。購入希望はこちらにお寄せください:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSflJQq_aOZLTiuyYB3HNiYKpuXBhbmfL80cu85IIwMaarWMGw/viewform

目次
「南極の人類学」のスケッチ|森下翔 
 南極で料理をする際の心得|北田克治            
 極論|黒嵜想             
 極北の時空|大石侑香            
 動中の動、新しき道|アレクサンドル・ポノマリョフ インタビュー
 南極ビエンナーレの未来|鴻野わか菜       

発行     極セカイ研究所
発行日    2024年3月31日
編集     極セカイ研究所(黒嵜想、沢田朔) 
編集協力   長谷川新、福尾匠、藤村南帆、布施琳太郎、米澤柊
デザイン   中家寿之
アートワーク 梅沢和木
協力     山本麻友美
助成     おおさか創造千島財団

※『P2P』は、極セカイ研究所の事業内容に関する普及啓発活動として発行されます。